マメヒコ宇田川町店閉店に寄せて

働きはじめて初めて住んだ街が神泉から富ヶ谷方面へ歩いた、松濤のはずれでした。
奥渋谷と呼ばれる、東急本店から代々木八幡までの通りには大好きなお店がたくさんあって、未だに東京で一番好きな街です。

越してきてばかりの頃、「家の近くに夜遅くまでやっててゆっくり本が読めるようないい喫茶店があったらな」と教えてもらったのがマメヒコの宇田川町店。

f:id:nerimarina:20180715111820j:plain

窓がないので、照明もいいかんじに暗く、本を読もうとしてもねむくなってしまい……。自然光が入る公園通りの店舗と(こちらも近い)、気分で選んで足を運ぶようになりました。

公園通りで好きなのがブレックファーストのメニュー。目玉焼き、ハム、ソーセージ、サラダって家でも同じようなものをつくるのに、ときめきが全然違う。

宇田川町はやっぱりカツのメニューが美味しくて、個人的にはカツサンドより炊きたてご飯と食べるのが好きだった。

そんな宇田川町店が7月2日で閉店。渋谷を離れてからは、公園通り店に行くようになっていて……最後にカツサンドを食べねば! となんとか行ってきた。

f:id:nerimarina:20180715111900j:plain

最終日に向けて紫陽花が満開になっていて、これもう食べられないのか―! とちょっと本当に泣きそうになりながら。やっぱり美味しい。

若くてがむしゃらだった日々を支えてくれたマメヒコ宇田川町に感謝しかありません。

f:id:nerimarina:20180715111851j:plain f:id:nerimarina:20180715111841j:plain f:id:nerimarina:20180715111830j:plain

とはいいつつ、公園通りでまたすぐ会いましょう。

f:id:nerimarina:20180715111809j:plain

使用機材はおなじみの以下です